​風水とは

一に 命

二に 運

三に 風水

四に 積陰功(陰徳を積む)

​五に 読書

​上の言葉は中国の前漢時代の言葉であり、人生において重要なことを述べたものである。

このうち「命」と「運」を知る術が「四柱推命」であり、これを知ることで自らの「使命」を全うすることができるのである。

しかし、いかに「命運」を知ろうとも、「風水」が悪しければ決して成功はない。

あなたが自分の使命を知り、「風水」をもって人生をより良いものへ、運命を変えていくことを願って。

​鑑定士ゆうの風水

風水には「巒頭」と「理気」があります。

​「巒頭風水」とは周辺環境(建造物・地形など)がもたらす影響を分析し判断する方法です。「理気風水」とは方位・空間を基準として、時間による気の変化を読み取り判断する方法です。

これらはよくコンピュータのハードウェア(巒頭)とソフトウェア(理気)に例えられます。

例えばソフトが優秀であっても、ハードがスペック不足であればちゃんと動作できないですし、逆もまた然りとなります。

私が使う主な風水は、巒頭派と三元派(元運派)の玄空飛星派です。

玄空飛星はフライングスター風水とも呼ばれ、アジア圏をはじめ西洋諸国でも高い評価を受けている理気風水流派です。

また必要に応じて、他の流派の技法を使うこともあります。

​お問合せ