家づくり⑧

家づくり第8回は、地質(地盤)の続きです。


日本の一般的な地質(地盤)は、上から順番に次のような層になっており、いろんな地層が重なって地盤が形成されています。

表土(黒土) 表層地盤※1 砂れき 沖積(ちゅうせき)層※2 洪積(こうせき)層※3

※1表層地盤 建物の直下、地表から数十メートルまでの地盤。その下の地盤と比べ、はるかに軟らかい。たとえば関東では関東ローム層という赤土の部分で、富士山の火山灰が堆積したもの。地域により××ローム層という名がついている

※2沖積(ちゅうせき)層 約2万年前以降に作られた比較的新しい地層。河川などで運ばれた腐植土、泥土が堆積して出来た層で、一般に軟弱。

※3洪積(こうせき)層 約2~200万年前に作られた古い地層で堅固。岩盤や砂れきで構成され、建物の基礎を支持する良好な地盤。

東京、大阪、名古屋などの大都市は沖積(ちゅうせき)層と呼ばれる軟弱な地盤の上に建っています。 マンションを建てる際には地盤調査を行い、地盤にあう基礎形状を採用しますが、建った後に傾いたり地震で大きく壊れてしまうマンションもあります。

軟弱な地盤の上に建つ建物は地震時の揺れが大きく伝わり、硬い地盤の上に建つ建物に比べ、建物に大きなダメージを受けやすくなります。また、室内の家具が転倒しやすくなります。


次回は地質(地盤)の調査についてご紹介いたします。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

家づくり⑪

家づくり第11回は、地質(地盤)調査の続きです。 今回は、コチラ 国土地理院・土地条件図 ➡️https://maps.gsi.go.jp/#12/36.599681/136.629238/&base=std&ls=std%7Clcm25k_2012&blend=0&disp=11&lcd=lcm25k&vs=c1j0h0k0l0u0t0z0r0s0f0 土地条件図とは、防災対策や土地利用・土地保

家づくり⑩

家づくり第10回は、地質(地盤)の調べ方の続きです。 地質(地盤)調査に役立つサイト 各都道府県の地質データサイトなどがあります。 例えばコチラ 石川県内液状化しやすさマップ ➡️http://www.hrr.mlit.go.jp/ekijoka/ishikawa/pamphlet/ishikawa_map_full.pdf コチラは北陸地方整備局が公開している、石川県内の液状化しやすいエリアを示

家づくり⑨

家づくり第9回は、地質(地盤)の調べ方です。 家の建設時にはもちろん地質地盤調査の専門会社に依頼して、正確な調査をすることになりますが、土地探しの時点で調査会社に依頼することは現実的ではありません。 そこでインターネットを活用した調査法をご紹介します。 まず、1番オススメなのはコチラ 朝日新聞・揺れやすい地盤 ➡️http://www.asahi.com/sp/special/saigai_jib

​お問合せ