家づくり③

家づくり第3回は巒頭風水における煞(殺)についてです。

煞(殺)とは風水的によろしくない地形や構造物のことを指す言葉です。

代表的な煞(殺)には下記のようなものがあります。


①反弓殺…弓なりに湾曲している川や道路の外側に家がある。【 )川 )家 】←このような状態。

②木箭殺…丁字路の突き当りに家があり、入口が道路に直面している。

③露風殺…周囲の建物よりもかなり高いビルに住んでいる。

④壁刀殺…向かいの建物の角が家に向けられている。

⑤劫背水…家の背後に川や下水が流れている。

⑥地窖殺…一階部分や地下が駐車場になっており空間がある。


上記はほんの一部であり、煞(殺)となる条件はまだまだ沢山あります。

そのため、素人では見極める事は困難だと思われ、やはり一度信用のある風水師に鑑定依頼をすべきだと思います。

なぜなら、煞(殺)によっては命に係わるものもあり、知らないうちに自分だけでなく一族ごと絶えてしまう、などということもあり得るからです。

みなさま努々お気をつけください。

142回の閲覧

​お問合せ